【フラット35】利用ケース

つなぎ融資

【フラット35】につなぎ融資はない

【フラット35】につなぎ融資はありません。したがって融資実行までに費用が必要な場合は、つなぎ融資の商品を取り扱っている金融機関を選ぶ必要があります。つなぎ融資は、住宅ローンを借りる金融機関と同じ金融機関で融資を申し込むのが一般的なので、単独で利用することはできません。【フラット35】のお申し込み時と同時につなぎ融資の申し込みも行います。その後、審査の仮承認を得たタイミングでつなぎ融資が実行されます。金融機関によって手数料や金利が違うので、つなぎ融資を利用したい場合は各金融機関の詳細を確認しましょう。

ARUHIではつなぎ融資の商品「ARUHI フラットつなぎ」をご用意しています。ARUHI フラットつなぎはARUHIの商品「ARUHI フラット35・ARUHI フラット35リノベ、ARUHI スーパーフラット・ARUHI スーパーフラットリノベ」を対象としている商品です。

ARUHI フラットつなぎの特長

特長1 申し込みは、申込書と現場写真でOK!

資金使途が中古住宅取得資金・リフォーム一部金の場合、申込書のみ。
申し込み時は現場写真不要です。

特長2 資金の交付は最大4回まで可能

  • 対象となる項目:土地購入資金/着工金/上棟金/竣工金
  • 対象となる項目(中古住宅/リフォーム):中古住宅取得資金/リフォーム請負締結時資金/リフォーム着工時資金/リフォーム完了時資金

特長3 申し込みから実行まで最短5営業日

場合によっては、追加資料のご提出などが必要となり、審査日数を要するケースがあります。
ARUHI フラット35・ARUHI フラット35リノベ、ARUHI スーパーフラット・ARUHI スーパーフラットリノベの審査承認が出ていることが前提となります。
詳しくは、ARUHI フラットつなぎ融資条件をご確認ください。

つなぎ融資の注意点

憧れの注文住宅を建てる場合、分譲住宅よりも費用がかかるので、つなぎ融資は便利で必要になるケースが多いですが、注意点もあるので頭に入れておきましょう。
つなぎ融資は住宅引き渡しの前に融資実行されるので担保は不要です。その代わりに住宅ローンよりも諸費用や金利などのコストかかります。各金融機関により異なりますが、平均的なお話をします。まず諸費用には事務手数料・収入印紙代などがあり、事務手数料は約10万円、印紙代は融資金額により異なりますが、1,000万円超の融資になると2万円を超えてきます。金利は住宅ローンよりも高く、各金融機関で大体3%前後の設定をしています。つなぎ融資の返済期間は利息のみの支払いですが、金利が高めの設定なので決して少なくはない金額です。
つなぎ融資を利用する際は、工務店やハウスメーカーと話し合い、着工期間の短縮で借入期間をなるべく短くしたり、自己資金を活用したりと、少しでもコストを下げる工夫が必要かもしれません。

お申し込み・ご来店予約はこちらから

【フラット35】利用ケースの紹介

【フラット35】には、住宅購入や融資実行時に活用できる様々なプランがあります。

【フラット35】には、住宅購入や融資実行時に活用できる様々なプランがあります。

\Webでかんたん・来店不要/

Web申込

\お近くの店舗でご相談/

来店予約

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

来店予約

オンラインで専門スタッフに相談
住宅ローンのお悩みをサポート

ビデオチャット相談

トップへ戻る