【フラット35】利用ケース

親子リレー

親子で連携し返済期間と借入可能額をUP

「親子リレー」とは、親と子で住宅ローンを組み、親子二代に渡ってローンを返済できる住宅ローンのことです。借り入れをする住宅ローンは1本で、親が主債務者、子が連帯債務者になります。(返済当初は親が返済していき、後々に子が返済を引き継いでいくのが基本的な流れです。)
親と子の収入を合算でき、親だけもしくは子だけで住宅ローンを借りるよりも、借入可能額が大きくなるメリットがあります。 また、親の年齢的に長期の借り入れが難しい場合にも親子リレーのメリットが発揮されます。例えば親の年齢が65歳の場合、【フラット35】では完済時の年齢が80歳未満と決まっていますので、通常借り入れ期間は最長15年までですが、親子リレーを利用することで、子の年齢をもとに返済期間を設定し、最長35年の住宅ローンを借りることが可能になるのです。また【フラット35】では、お申し込み本人と連携債務者は同居の必要がありません。

【フラット35】と民間金融機関の住宅ローン

親子リレーでは、団体信用生命保険(以下「団信」という。)に加入できるのは原則「子」となっていることが多く、「親」が加入できる場合でも、同時に子が加入することを必須にしている金融機関がほとんどです。しかし【フラット35】の場合、「親」のみが団信に加入することができます。団信の保障は満80歳の誕生日の属する月の末日と決まっていますので、親が80歳を超えたときは、子が新たに団信に加入する必要がありますが、親の団信加入期間、親に万が一のことが起こった場合には全額が完済となります。ただし、逆の場合も考えられるのでよく考えて加入することが必要です。
(参考:親と子がそれぞれ加入するケース/どちらかに万が一のことが起こった場合に片方の債務部分のみ完済となります。)
さらに【フラット35】では、子(連帯債務者)の収入全額を合算することができます。収入についても定期的な給与のほかに公的年金も収入として認められているので、民間の金融機関で認められにくい年金も親の収入に含めて計算をすることが可能です。

お申し込み・ご来店予約はこちらから

【フラット35】利用ケースの紹介

【フラット35】には、住宅購入や融資実行時に活用できる様々なプランがあります。

【フラット35】には、住宅購入や融資実行時に活用できる様々なプランがあります。

\Webでかんたん・来店不要/

Web申込

\お近くの店舗でご相談/

来店予約

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

来店予約

オンラインで専門スタッフに相談
住宅ローンのお悩みをサポート

ビデオチャット相談

トップへ戻る