住宅ローン用語集

担保

担保とは

融資を受ける際に、金融機関に対して返済不能などになった場合の返済を保証するために債務者が差し出すものを「担保」といいます。

担保の種類

担保には「人的担保」と「物的担保」の2種類があります。
「人的担保」とは、申込本人が返済不能に陥ったときに返済を保証する「人」のことを指し、保証人や連帯保証人が人的担保にあたります。
「物的担保」とは、返済を保証できる「物」であり、返済不能に陥ったときにはその物を換金することで債務を回収できる価値があるものを指し、土地や建物といった不動産などが物的担保にあたります。
一般的に「担保」というと、「物的担保」を指すことが多いです。

商品情報・お申し込み

物的担保を差し出すメリット、デメリット

借り入れには、住宅ローンのように土地や建物などを物的担保に差し出して借り入れる有担保ローンと、担保なしで借り入れる無担保ローンの2種類があります。
有担保ローンは、ローンの利用者が返済できなかった場合、金融機関は物的担保として差し出されている土地や建物を売却し、その代金から優先的に貸し付けた資金を回収することができます。つまり、ローンの利用者が物的担保を差し出すことで金融機関は貸し付けた資金の回収がしやすくなります。
このため、物的担保を差し出す有担保ローンは無担保ローンに比べて、良い条件で融資を受けることが多く、一般的に無担保ローンよりも返済期間が長く、金利は低くなります。
しかし、有担保ローンの場合、抵当権設定登記という土地や建物を金融機関に担保として差し出していることを表す登記をします。登記をするには、登録免許税や司法書士の手数料などの費用が発生します。また、物的担保に差し出された土地や建物の価値の評価などが必要なため、審査時間が長くなる傾向があります。

有担保ローンと無担保ローンの一般的な特徴

有担保ローン 無担保ローン
借入限度額 高い 低い
返済期間 長い 短い
金利 低い 高い
借り入れのための諸費用 多い 少ない
審査時間 長い 短い
代表的な商品 住宅ローン
アパートローン
不動産担保ローンなど
教育ローン
カーローン
カードローンなど

住宅ローンの物的担保となる物件とは

一般的に住宅ローンの場合、融資対象となる土地、建物を物的担保とすることが融資の条件となります。つまり、基本的に自分が住む自宅のみが物的担保の対象となります。
ただし、親族などが所有する土地の上に建物を建てるために住宅ローンを借りる場合、融資対象の建物だけでなく、建物を建てる親族などが所有する土地も物的担保として差し出す必要があります。

  • この「用語集」は、あくまで一般的な説明をしているもので、当社の商品の説明や広告をするものではありません。
  • 記事中に用いているシミュレーションの金利は試算例であり、実際とは異なります。

住宅ローンお手続きナビ

住宅ローンお手続きナビ

家を購入したい/住み替えたい、ローンを借り換えたいけれど何から始めればよいかわからない方へ、住宅ローンの基礎情報やお手続き方法、商品情報などをご案内しています。

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

来店予約

オンラインで専門スタッフに相談
住宅ローンのお悩みをサポート

ビデオチャット相談

トップへ戻る