住宅ローン用語集

収入合算

収入合算とは

住宅ローンにおける収入合算とは、住宅ローンの申込者本人の年収に、近親者(配偶者や父母、子など)の年収を加えて、住宅ローンを借り入れる方法です。
住宅ローンの借入可能額は、通常、年収を基にした返済負担率で上限が決まるため、収入合算をすることで借入可能額を増やせる可能性が高まります。収入合算は連帯保証と連帯債務の2つのタイプに分けられます。

商品情報・お申し込み・ご相談

【フラット35】の収入合算の主な条件と特徴

収入合算の対象者は、申込者本人の親、子、配偶者等で、購入物件に同居され、連帯債務者になる方です。
収入合算できる金額は、収入合算者の年収全額まで可能です。

借入期間の上限は、80歳までの期間か35年のいずれか短い期間となります。
ただし、収入合算者の年収の50%を超える金額を合算する場合は、借入期間は以下の計算で求めます。

収入合算の計算式

80歳-((1)もしくは(2)のうち年齢の高い人の申込時の年齢(1歳未満切り上げ))

  • (1)申し込みご本人
  • (2)年収の50%超の金額を合算した合算者

たとえば、主債務者(35歳):年収400万円、収入合算者(54歳):年収600万円の場合で、収入合算者が600万円全額を合算したとします。
この場合、合算額が年収の50%を超えているので、80歳から収入合算者の年齢55歳(1歳未満切り上げ)を引いた、25年が借入期間の上限になるということです。

【フラット35】で、夫婦で連帯債務者になる場合は、ともに団体信用生命保険に加入できるペア連生団信の利用が可能です。

  • デュエット(ペア連生団信)は、戸籍上の夫婦のほか、内縁関係にある方、婚約関係にある方、同性パートナーも対象です。
  • この「用語集」は、あくまで一般的な説明をしているもので、当社の商品の説明や広告をするものではありません。
  • 記事中に用いているシミュレーションの金利は試算例であり、実際とは異なります。

住宅ローンお手続きナビ

住宅ローンお手続きナビ

家を購入したい/住み替えたい、ローンを借り換えたいけれど何から始めればよいかわからない方へ、住宅ローンの基礎情報やお手続き方法、商品情報などをご案内しています。

住宅ローンの
お申込・ご相談はこちらから

24時間受付中!

Web申込

お借り入れ・借り換えをWebで診断

住宅ローンシミュレーション

専門スタッフに相談したい!

来店予約

オンラインで専門スタッフに相談
住宅ローンのお悩みをサポート

ビデオチャット相談

トップへ戻る