本当に住みやすい街大賞2023 in 宮城 本当に住みやすい街大賞2023 in 宮城

ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2023 in 宮城 1位 富沢(仙台市地下鉄 南北線) 2位 泉中央(仙台市地下鉄 南北線) 3位 北四番丁(仙台市地下鉄 南北線) 4位 荒井(仙台市地下鉄 東西線) 5位 利府(JR東日本  東北本線) 6位 八木山動物公園(仙台市地下鉄 東西線) 7位 南仙台(JR東日本  東北本線) 8位 大町西公園(仙台市地下鉄 東西線) 9位 愛子(JR東日本  仙山線) 10位 古川(JR東日本  陸羽東線)
ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2023 in 宮城 1位 富沢(仙台市地下鉄 南北線) 2位 泉中央(仙台市地下鉄 南北線) 3位 北四番丁(仙台市地下鉄 南北線) 4位 荒井(仙台市地下鉄 東西線) 5位 利府(JR東日本  東北本線) 6位 八木山動物公園(仙台市地下鉄 東西線) 7位 南仙台(JR東日本  東北本線) 8位 大町西公園(仙台市地下鉄 東西線) 9位 愛子(JR東日本  仙山線) 10位 古川(JR東日本  陸羽東線)
1位

富沢

(仙台市地下鉄 南北線)

仙台市 太白区

総合評価

4.18

発展性

4.75

住環境

4.50

交通の利便性

4.15

コストパフォーマンス

4.10

教育・文化環境

3.40

  • 2020年に仙台市内最大級規模の「仙台市富沢駅西土地区画整理事業」が完了、同時期に商業施設「アクロスプラザ富沢西」・「フレスポ富沢」が開業し、買い物環境が向上、子育て世代の増加で街の活性化が期待できる
  • 「イオンタウン仙台富沢」と遊具が豊富な大型公園「富沢公園」が駅から徒歩5分、「IKEA仙台」が駅から車で10分圏内、春には新笊川沿いの遊歩道で桜を楽しむことができる
  • 「仙台駅」まで約13分の地下鉄南北線始発駅、車では国道286号経由で仙台市街地まで約17分、太白区内循環のバス利用で長町エリアへの移動も便利
詳しい街の魅力はこちら!
2位

泉中央

(仙台市地下鉄 南北線)

仙台市 泉区

総合評価

4.05

発展性

3.85

住環境

4.50

交通の利便性

4.15

コストパフォーマンス

3.50

教育・文化環境

4.25

  • ショッピングセンター「SELVA(セルバ)」やサッカースタジアムのある「七北田公園」を有すエリアが駅徒歩圏内、 今後泉区役所建て替えに伴う民間施設誘致も計画されており、さらなる住環境の向上が見込まれる
  • 車で15分圏内には「仙台泉プレミアム・アウトレット」、2023年には東北最大級の温浴施設「スパメッツァ仙台 竜泉寺の湯」が開業するなど、お出かけスポットが充実
  • 野球場・体育館を備える「七北田公園」や児童書が豊富な「泉図書館」が駅から徒歩圏内、学習塾も多く教育環境は良好
詳しい街の魅力はこちら!
3位

北四番丁

(仙台市地下鉄 南北線)

仙台市 青葉区

総合評価

3.98

発展性

3.75

住環境

3.90

交通の利便性

4.65

コストパフォーマンス

3.35

教育・文化環境

4.25

  • 「仙台三越」・「一番町四丁目商店街」などを有する商業地や、特定機能病院である「東北大学病院」が徒歩圏内に集結、生活利便性が高い住環境
  • 地下鉄南北線で約5分の「仙台駅」までは平坦な地形で自転車移動も容易、JR仙山線が運行する「北仙台駅」は山形方面への移動に便利
  • 県唯一の国立小学校「宮城教育大学附属小学校」や2017年に新校舎が増築された「仙台市立上杉山通小学校」など、創立100年を超える学校が複数立地する仙台市屈指の文教地区
詳しい街の魅力はこちら!
4位

荒井

(仙台市地下鉄 東西線)

仙台市 若林区

総合評価

3.87

発展性

4.00

住環境

3.65

交通の利便性

4.15

コストパフォーマンス

4.20

教育・文化環境

3.35

  • 駅から仙台東部道路「仙台東IC」まで車で5分圏内、「仙台国際空港」まで約20分、石巻市まで約45分、福島市まで約1時間半と各方面へ移動しやすい
  • 駅近くにパーク&ライド駐車場があり、地下鉄東西線の始発駅であるため座って通勤通学が可能
  • 東西線の「薬師堂駅」周辺(若林区)で3LDK新築戸建てが4,000万円台の相場に対し、同路線の「荒井駅」周辺は3,000万円台から検討できる
詳しい街の魅力はこちら!
5位

利府

(JR東日本 東北本線)

宮城郡 利府町

総合評価

3.78

発展性

4.30

住環境

4.10

交通の利便性

3.00

コストパフォーマンス

4.00

教育・文化環境

3.50

  • 2021年に「リフノス 利府町文化交流センター」や「イオンモール新利府」の南館が開業、「コモンシティ利府新中道」など新たな住宅地も造成され、生活環境が向上中
  • 敷地面積約7万㎡の北館と約15万㎡の南館を有する「イオンモール新利府」の周囲に、「みやぎ生協利府店」や2022年リニューアルの商業施設「利府ペアガーデン」が集結する買い物環境、「宮城県総合運動公園 グランディ・21」など、駅から車で約15分圏内に日常生活で利用できる施設が点在
詳しい街の魅力はこちら!
6位

八木山動物公園

(仙台市地下鉄 東西線)

仙台市 太白区

総合評価

3.73

発展性

3.35

住環境

4.10

交通の利便性

3.65

コストパフォーマンス

4.00

教育・文化環境

3.55

  • 地下鉄東西線の始発駅で「仙台駅」まで約13分、さらに駅上駐車場が備えられておりパーク&ライドが可能、バスのダイヤ見直しでバス停での待ち時間短縮が図られたこともあり、仙台市街地へのアクセス性が向上
  • 仙台駅まで電車で約13分という好立地でありながら、約20万㎡の金剛沢緑地にある「八木山テラス」を代表とする自然を楽しめる環境が整っている
  • 仙台や青葉通一番町を走る地下鉄東西線沿線で、低予算で物件を探しやすい高コスパエリア
詳しい街の魅力はこちら!
7位

南仙台

(JR東日本 東北本線)

仙台市 太白区

総合評価

3.66

発展性

3.55

住環境

3.90

交通の利便性

3.75

コストパフォーマンス

3.70

教育・文化環境

3.40

  • 駅から徒歩約4分に「西友南仙台店」、国道4号や県道258号沿いに「ドン・キホーテ仙台南店」や「JCHO仙台南病院」があり、生活に便利な施設が集積
  • 車で20分圏内に、幼児向け遊具が豊富な「海の見える丘公園」、名取川沿いの商業施設「かわまちてらす閖上」があり、休日に家族で過ごすことができる施設が充実
  • JR東北本線・常磐線・仙台空港アクセス線の3路線が利用でき「仙台駅」まで約10分、車でも約15~20分と好アクセス
詳しい街の魅力はこちら!
8位

大町西公園

(仙台市地下鉄 東西線)

仙台市 青葉区

総合評価

3.63

発展性

3.25

住環境

3.70

交通の利便性

4.15

コストパフォーマンス

2.90

教育・文化環境

4.15

  • 「仙台駅」まで地下鉄東西線で約4分、「泉中央駅」や「八木山動物公園駅」方面へ向かうバスもあるほか、青森県と埼玉県を結ぶ東北自動車道「仙台宮城IC」に接続する仙台西道路も近く、各方面にアクセス至便
  • 「仙台市戦災復興記念館」「仙台市博物館」の文化施設のほか、イベントを開催する「せんだいメディアテーク」内には市民図書館があり、子供の学習環境が整っている
詳しい街の魅力はこちら!
9位

愛子

(JR東日本 仙山線)

仙台市 青葉区

総合評価

3.59

発展性

3.65

住環境

3.80

交通の利便性

3.00

コストパフォーマンス

4.00

教育・文化環境

3.50

  • 生活圏内に「ヨークベニマル仙台愛子店」や「錦ケ丘ヒルサイドモール」など買い物環境が充実、近くには「広瀬川」や登山を楽しめる「蕃山(ばんざん)」など自然環境も豊富
  • 新興住宅地が広がる市内有数のニュータウン、2015年に「仙台市立錦ケ丘小学校」、2019年に「仙台市立錦ケ丘中学校」が開校、「宮城県立こども病院」や温水プールを備える「宮城広瀬総合運動場」があり、子育て環境が整っている
  • 3LDKの新築戸建てが2,000万円台後半からあり、同沿線の「北仙台駅」(青葉区)周辺と比べ1,000万円ほど安い
詳しい街の魅力はこちら!
10位

古川

(JR東日本 陸羽東線)

大崎市

総合評価

3.55

発展性

3.75

住環境

3.60

交通の利便性

3.25

コストパフォーマンス

3.75

教育・文化環境

3.40

  • 2019年に防災センターの機能を備える「道の駅おおさき」がオープン、2023年には「大崎市役所」の新庁舎が開庁し、ここ数年で街並みが一変、今後もさらなる街の活性化が期待できる
  • 3LDKの新築戸建てが3,000万円台前半からあり、「仙台駅」まで新幹線で1駅約12分と仙台市街地で出社・在宅併用ワークをしている人の居住地としても検討可能なエリア
詳しい街の魅力はこちら!

シェア

Facebook
X
LINE
はてなブックマーク

本当に住みやすい街大賞とは?

本当に住みやすい街大賞は、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から
アルヒのサービスをご利用のお客さまの膨大なデータを元に、本当に住みやすい街を選定することで
人々の住まい選びの参考になることを目的としたアルヒにしか出来ないランキングになります。

住環境、交通の利便性、教育・文化環境、コストパフォーマンス、発展性の5つの基準を設定し
アルヒの膨大なデータをもとに住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による
公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定してまいります。

ランキング審査基準

審査基準

住環境

インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査しました。

交通の利便性

「働く」という視点において、市街地の主要駅・幹線道路へのアクセス面や、新幹線を含む交通機関の利用面における「快適さ」などから審査しました。

教育・文化環境

自治体の「教育」に対する制度の充実度のみでなく、子供たちにとって安全・安心に暮らしていける環境が学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査しました。

発展性

商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査しました。

コストパフォーマンス

その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査しました。

審査員紹介

審査委員長 櫻井 幸雄
審査委員長
櫻井 幸雄
選定委員 小竹 潤
選定委員
小竹 潤
審査委員長 櫻井 幸雄

審査委員長
櫻井 幸雄

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。
現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。Yahoo!ニュース「個人」のオーサーとして、多くの記事を発信中。

選定委員 小竹 潤

選定委員
小竹 潤

1974年生まれ。栃木県出身。
東北大学法学部卒。
株式会社都市不動産鑑定代表取締役。
不動産鑑定士、補償業務管理士。
地価公示をはじめ、不動産の評価実績が豊富であり、宮城県内の地価、不動産市場に精通する。他県出身であるが、最近宮城県暮らしの方が長くなり、宮城のことがますます好きになっている。
2021年一般社団法人宮城県不動産鑑定士協会会長に就任。

【本件に関するメディア掲載・広告に関するお問い合わせ先】

取材、メディア掲載等お問い合わせは、以下よりご連絡ください。

住宅ローンカンパニーから
世界でも類を見ない
総合的な住み替えカンパニーへ
進化します

ARUHI

新しい生活は「ある日」始まります。

人生は「ある日」の積み重ねでできています。そして、住宅を持つ日は、お客さまにとってかけがえのない「ある日」。

ARUHIは、住み替える人々に必要なさまざまなサービスと商品を、全国の店舗をはじめとする多様なチャネルを通じご提供することで、お客さまの大切な「ある日」が最高のものとなるようにお手伝いします。

お客さまにとって本当に住みやすい街やライフスタイルに合った家のご紹介、不動産売買のお手伝い、さまざまな暮らしのサービスが付いた住宅ローンなど、住み替えに必要なサービスと商品をワンストップでご提供します。

ARUHIは、住宅ローンと住み替えに関わるサービスが完全なるシナジーを発揮した、世界でも類を見ない総合的な住み替えカンパニーへ進化します。そして、お客さまに心から喜んでいただけるコンシューマーブランドを目指します。

フォローして最新情報をチェック